医療法人 じょうおニコニコクリニック – 福岡県北九州市の八幡西区にある小児科・糖尿病内科

ホーム 院長ノート ページ 2

院長ノート

小児科のこと

幼稚園・保育園の先生にお願いしたいこと

ニュースでも報道されていますが、現在お子様の間でアデノウイルス感染症が流行しています。

 

最近、保護者から「園の先生からアデノウイルスが流行っているから検査を受けてくるように言われました。」または「検査しないと登園許可が下りません。」といった話をよく聞きます。

 

園の先生方はお預かりしているお子様の体調管理に大変苦慮されているとは思いますが、

園の先生には保護者にお子様の検査を指示する権限はありません。

診察の結果、検査は不要と判断し保護者の方がお困りの場合に私は園がどのような声掛けを行ったか電話をして確認することがあります。

決まって園は「そのようなことは言っていません。ただ『アデノウイルス感染が流行しているのでそうかもしれませんよ。』と言っただけです。」という趣旨の返答をされます。

実際そのように仰ったのかもしれませんが、保護者の方は検査を強要されたと受け取られておりますので声掛けの見直しが必要ではないでしょうか?

 

さらに現在、アデノウイルスの検査キットが入手困難です

そのためニコクリでは検査が必要なお子様が検査を受けられる状況を維持するために、

アデノウイルス感染が考えにくいお子様(のどが赤くないお子様、熱がそれほど高くない、主な症状が咳や鼻水)には検査をお断りしている状況です。

 

たしかにアデノウイルスは感染力が強く、高熱が長く続くことも珍しくありませんので厄介です。

しかし、治療に関してはその他のノド風邪と同じであるため診断価値はそれほど高くないことはお知りおきください。

また、保護者の方々には感染の流行を抑えるためにも「発熱のあるお子様は登園させない」という大原則はお守りいただきますようよろしくお願いいたします。

 

じょうおニコニコクリニック

院長 城尾正彦

糖尿病内科のこと

CGMをご存じですか?

糖尿病をもつ方へ

 

■CGMについて

最近の血糖測定機器の進化はめざましく、様々な便利な機器が保険で使用できるようになっていることをご存じでしょうか?

指先で血糖値を測定せずとも腕やお腹などにセンサを装着するだけで、専用のモニターやiPhone/一部のスマートフォン、Apple Watch/スマートウォッチなどで現在の血糖値や血糖値の推移を確認できる持続血糖測定器(CGM)というものがあります。

2022年12月に保険適用の拡大がありインスリンを打たれている方ならどなたでも使用できるようになりました。

 

・ニコクリで採用しているCGMはアボット社のfreestyleリブレ®、テルモ社のDexcomG6®、日本メドトロニック社のMinimed770Gです。

 

 

・ニコクリでは今や自己血糖測定よりCGMを選択されている方の方が圧倒的に多いです!

 

 

・CGMはこのように装着します。

 

(Dexcom社の公式HPより引用)

 

■インスリンポンプについて

ニコクリではインスリンポンプも使用可能です。

インスリンポンプとはペン型の注入器ではなく、お腹やお尻などに専用の回路を穿刺してポンプから自動的にインスリンが皮下に注入される仕組みです。

食事や高血糖の際にはボタン操作でインスリンの急速注入を行い、それ以外のときには血糖値を平坦に保つために持続的にインスリンを流します。流量は時間ごとに細かくプログラムできるため朝方の高血糖や生活強度が変わりやすい方に特におすすめです。

回路は3日毎の交換のため、ペン型注入器よりも格段に針を刺す機会が減ります。

また、オプションでCGMと連動させる(SAP)こともできます。CGMと連動させることでオートモードを選択することができ、食事の時以外の血糖管理をポンプに任せることもできます。

2023年8月現在、ニコクリでインスリンポンプを使用されている方は11名で、うち6名がSAPを選択されています。

 

 

気になる医療費については、また後日解説いたします。

日常のこと

ニコクリのロゴについて

ニコクリのロゴやホームページのデザインは北九州市在住のグラフィックデザイナー 田代理沙さんにお願いしました。

先日、田代さんと他の要件でお会いした際に「実は今回のわっしょい百万夏まつりのポスターデザインの仕事をもらったんですよ。」と嬉しそうに話されていました。

昭和を思わせるどこか懐かしいデザイン、ふるさと愛を引き立てる北九州の名所のイラストを北九州にゆかりのある作家さんにお願いするなど、こだわったポイントを説明してくれました。

 

ポスター

 

田代さんのインタビュー記事のリンク↓

 

第36回わっしょい百万夏まつり ポスターデザイン

 

 

そんなデザイナーがニコクリのロゴを作ってくれたと思うと、なんだか鼻が高いです👺

小児科のこと

8月から発達・不登校外来を開設します😊

ニコクリに発達のご相談や不登校でお困りのお子様や保護者の方から相談を受ける機会が増えています。

それに伴い通常診療を行いながら私一人で皆さまのご相談に乗ることが次第に難しくなってきていること、

私だけでは対応が不十分で保護者の方のサポートや専門的な検査の必要性を感じてきていることからニコクリで公認心理士さんを採用することになりました。

 

発達・不登校外来の開始時期や曜日が決まり次第ご案内いたします。

それまでもう少々お待ちください。

 

小児科のこと

隔離室におもちゃを設置しました✌

かねてより閉鎖的な隔離室での過ごし方に課題を抱えていたニコクリですが、

少しでもお子様や保護者が待ち長くならないようにということでマグネットのおもちゃを設置しました。

 

おもちゃはスタッフが定期的に消毒しております。

また小さなお子様が誤って飲み込むというものではありませんのでご安心してお遊びください😊

 

小児科のこと

💉ニコクリの低身長診療について💉

ニコクリでは低身長の診療を専門的に行っておりますので、成長ホルモン注射のご紹介をいたします。

 

基準よりお体の小さい低身長のお子様のうち、負荷試験と呼ばれる精密検査の結果、成長ホルモン分泌不全性低身長の診断に至ったお子様にはご自宅での成長ホルモン注射治療を実施しています。

負荷試験はニコクリの外来でも実施可能です。総合病院での検査をご希望される方あるいは低年齢のお子様、頭部MRI検査についてはJCHO九州病院と連携させていただいています。

 

現在、ニコクリでは50名以上の方が成長ホルモン注射を行っています。

皆さまは「注射」と聞くと、「痛そう」「私に打てるだろうか」などご不安にお思いになることでしょう。

しかし実際の注射は、針が細く短く、操作も簡単で、お子様や保護者の負担は比較的軽いものです。

 

お子様の身長のことで心配な保護者の方、お子様自身が体格を気にされている方はお気軽にご相談ください。

 

ニコクリ院内で取り扱っている成長ホルモンのラインナップです💉

ほかにも院外処方のみ取り扱っている製剤もあります。

針は細く、長さも3-4mmととても短いものですのでご安心ください😊

小児科のこと

耳垢除去開始しました👂

中耳炎が疑われ耳の中を診察する際、耳垢が詰まって鼓膜が観察できないお子様が時折いらっしゃいます。

これまで耳垢を除去して観察が必要と判断した場合は、耳鼻科で耳垢除去をしてもらうようにお願いをしていました。

しかし以前、さんか八幡西クリニック耳鼻科の三箇先生より耳垢除去の道具をお勧めいただいておりましたのでニコクリでも耳垢除去ができればと思い、このたび耳垢除去の処置を開始しました。

早速数名の方に耳垢除去をしております。

外来の混み具合によってはお断りせざるを得ない場合もありますが、耳垢が詰まって鼓膜の観察が困難な方は私も耳垢除去を行うことが可能ですのでご相談ください👂

糖尿病内科のこと

テルモ社員向けの講演会を行いました🎤

ニコクリでは国内で使用可能なリアルタイムCGM(持続血糖モニタリング)のひとつであるDexcom G6の使用が可能です。

先日、国内でDexcom G6の販売権を持つテルモ社のスタッフ向けのWeb講演会を行う機会をいただきました。

ニコクリではDexcom G6を使用されている方が10名以上いらっしゃいますが、

皆さんの声をテルモ社スタッフに届けました😊

 

 

 

日常のこと

撥川ほたる祭り

ニコクリの目の前を流れる撥川にはこの時期ほたるがみられます。

先日、3年ぶりに撥川ほたる祭りが開催されましたよ。

クリニックのすぐ目の前で蛍が見られる、なんとも贅沢です✨

 

 

 

小児科のこと

キッチンセットが待合室にデビューしました😊

昨年、友人たちから開業祝におもちゃのキッチンセットをいただいていました。

新型コロナウイルスの5類移行を受けて、ついに小児科待合室にデビューしました!

 

スタッフがこまめに消毒・拭き上げを行っておりますので皆様安心してお遊びくださいね😊

 

1 2 3 4